公開履歴
パソコンの前で電話している女性

SEO効果を上げるための対策として重要な二台要素は、コンテンツのクオリティを一定以上にそろえて検索ユーザーに有益な情報を数多く提供することと被リンクの数を多く獲得することにあります。被リンク(バックリンク)とは、外部サイトから自サイトに貼られたリンクのことを指しています。被リンク数を数多く獲得強いていること自体が、オーガニック検索で辿りついたユーザーにとって問題解決に資するクオリティの高いコンテンツを提供していることの有力な指標として考えられているからです。

しかし同じ被リンク数を獲得しているサイトであっても、ドメイン数が複数に渡ることが非常に重要ともされているのです。なぜなら同じドメインでのサイトからの被リンクは、サテライトサイトなど実質同一のサイト運営者からのリンクの可能性が高くなります。これに対して複数のドメイン数からも被リンクを獲得していれば、一層幅広い検索ユーザーから共感を得ていると判断することは合理的です。そのため同じ被リンク数でも、ドメイン数が多い方が検索エンジンからも高く評価されてページランク上位を期待することもできます。

しかしペンギンアップデートやパンダアップデートなどの検索エンジンのアルゴリズムの更新によって、リンクの質もページランクを評価する際に重視されるようになりました。高い評価を受けるのは外部サイトからのナチュラルリンクを数多く獲得することです。ナチュラルリンクとは、検索ユーザーが他にも紹介したいがために自然に這ったリンクのことです。ナチュラルリンクを獲得することのメリットは検索エンジンにとっても歓迎するべきコンテンツを含んでいると判断されるので、ページランク上位のための指標を提供するのでSEO効果を見込める点です。

最近では被リンクの数と質を評価の基準にするリンクジュース、という考え方が提唱されるようになっています。発リンクと異なって被リンクは外部サイトからの客観的評価を含むと考えて間違いありませんが、従来は被リンクでもスパムサイトなどが含まれていても比較的問題はありませんでした。しかしアルゴリズムの更新で、低品質のサイトからの発リンクは時には手動ペナルティの対象になる可能性もありデメリットも指摘されるようになっています。被リンクの品質も問題になっている今日のSEO対策の上では、被リンクを獲得することのメリットとデメリットをふまえれば時には、品質の低い被リンクは否認するなどの処置も必要になってくるでしょう。