良質の被リンクを獲得して評価を上げよう

2019年05月24日
パソコンを使用している男性

Googleなどの代表的な検索エンジンにおいて、検索上位結果表示を狙うためには被リンクの数だけでなく、質も重視されるようになりました。ペンギンアップデートやパンダアップデートなどの検索エンジンのアルゴリズムの更新によって、コンテンツだけでなく被リンク先の内容にも焦点が当てられることになったからです。

品質の低い被リンクといえば、相互リンクを目的にしたディレクトリサイトやコピーコンテンツやワードサラダやクローラーとユーザーに異なる情報を認識させるクローキングなどが代表的。いずれもガイドラインに違反する、スパム相当と判断されるページからのリンクのことです。

それでは良質な被リンクを獲得するために、出来ることにはどのような対策を構築することが想定されるのでしょうか。それはひとえに検索ユーザーからも、検索エンジンのクローラーからも両面から高く評価されるページ作りを実践することに尽きるといえます。もっと突き詰めて言えば、検索ユーザーにとって有益な情報を含むページを提供することが前提になり、結果的にクロールされやすいページでWEBサイト作りを実践することがかぎになるといえます。

良質なコンテンツを正面から問題にすれば、Googleが重視している専門性や信頼性・権威性の高いコンテンツを作成することです。専門性や信頼性などの高い記事を数多く提供すれば、検索ユーザーにとっても利用価値の高い情報の獲得をサポートすることにつながるでしょう。また内部リンクをアンカーテキストを適切に配置したりすることで、関連性の高いページへの遷移を容易にすることもポイント。アンカーテキストを辿ることでクロールしているので、検索エンジンからもページランクを高く評価することにつながります。

ところで最近ではモバイルユーザーによるSNS経由のトラフィックが相対的にPCを上回る状況が定着しています。モバイルでは話題に上がったコンテンツは共有されて広くSNS拡散される現象が多くなっているのです。ただSNS拡散はユーザー同士のよこのつながりの中で派生する減少のため、WEBページもSNSへの遷移ボタンを設置するなど、SNSとの関連性を持たせることが重要になっています。

そしてコピーコンテンツと認識されることのないようにURLの正規化も検討課題の一つです。URLを正規化することで検索エンジンにオリジナルのコンテンツと認識させることが可能になります。コピーコンテンツはページ評価を低くする要因になるので注意が必要です。