被リンクは定期的にチェックをしよう

2019年06月26日
パソコンを見ている男性

検索エンジンからのページランクを高く評価してもらうには、有益な情報を含むコンテンツの数をそろえて、被リンクを獲得すると同時に品質の低いリンクはできる限り回避してその数を抑制することが必要になります。特に検索アルゴリズムの更新によってGoogleでSEO対策をとるには、被リンクの数はもちろん品質を一定水準で維持することが重要になっているからです。

依然はGoogleも0から10までのページランクを公開していたので、リンク先の品質をある程度予測するための目安に使用することが出来ました。ところがGoogleのツールバーからはページランクに関する項目が完全に廃止されたので、現在ではページランクを参考にリンク先の品質の目安となる材料を入手することが出来なくなっています。そこで無料SEOツールを活用して、積極的に被リンクの質に冠する情報を入手して対策を立てる必要性が高くなっています。

しかしWebマスターツールのサーチコンソールではリンクの数を把握することができるだけ、被リンクの品質をチェックすることは出来ません。そこで無料SEOツールで被リンクの数や品質などについての解析結果を取得することが出来る、代表的なものを御紹介しましょう。

hanasakiganiはディーボが提供する無料SEOツールのひとつになります。使用法は非常にシンプルで調べたいURLを入力して実行するだけです。被リンク数やドメインの数を把握することが可能です。しかも入力するURLは自サイトに制限されているわけではないので、競合サイトの状況を把握することも出来ます。

SEOTOOLSも同様にサイトにアクセスして解析したいURLを入力するだけです。被リンクの数はもちろんドメインやIPアドレスなどがどの程度分散しているのかを解析し、アルファベットで状況をチェックしてくれるツールです。コメント欄にはドメインやIPアドレスの分散状況などについてのコメントなども記載されているので、今後のSEO対策の参考に役立てることができます。

これらの無料SEOツールによって、コンテンツの品質に問題のあるリンク先を把握することができるので、リンク否認をするべきか田舎の有力な判断材料を獲得することが出来ます。特にSEO対策をとっているのに検索エンジンの結果表示が芳しいものでない場合は、低皮質の被リンクで自動ペナルティを適用されている化膿性があります。被リンクの品質を定期的にチェックするのをおすすめします。