被リンク数を調べる方法

2019年05月10日

外部サイトから自サイトに貼られた被リンクは、自サイトに対する検索ユーザーを評価を与えている目安となると同時に、被リンク数は検索エンジンからページランクを基礎付ける重要な指標にもなるものです。

しかし、ただ闇雲に被リンク数を稼ぐことが出来れば、それだけでGoogleなどの検索エンジンから高い評価を得ることにつながるわけでもありません。被リンクを張っているサイト自体が、良質のコンテンツを提供しており、検索ユーザーにとって有益な情報を提供していたり幅広くユーザーの共感を得ることが出来ているサイトでない限り被リンクを獲得できても適正な評価にはつながらないからです。例えば検索ユーザーにとって意味のあるコンテンツを含まない、リンク自体を目的にしているようなサイトから被リンクを受けてもガイドライン違反としてペナルティの対象になるリスクすら抱えているからです。

とは言っても被リンク数がSEO対策において主要な課題なのは、現在にあっても基本的スタンスに変わりはありません。しかも外部サイトからなされるものだけに、その数を調べるのはチェックするのは容易なことではないのが事実。また検索順位において競合関係にある他社サイトのリンク状況を調べることで、リンク数の多いコンテンツが存在するページを参照するなど今後のSEO戦略の構築にも役立つことを期待できます。そこで被リンク数や競合他社サイトの状況をチェックするのに役立つのが、Webマスターツールになります。

WebマスターツールとはGoogleが無料で提供しているアクセス解析ツールのことです。WEBサイトの検索パフォーマンスをグラフと数値で客観的に確認することができます。Webマスターツーを活用して確認できるデータには、主なもので自サイトへのリンク(被リンク数)を分析することが可能です。つまりWEBサイトへの被リンク数を、ページ単位で確認することができる訳です。つまり総リンク数・最多のリンクを獲得しているページや、最多のリンクが付いているコンテンツなどを把握することが実現します。

ところで競合他社サイトの被リンク数などを確認するのは、Webマスターツールには実装されていないので専用ツールを利用することが必要になります。代表的なツールにはhanasakiganiやAhrefsなどを指摘することが出来きるでしょう。これらのツールを使用することで被リンク数だけでなくドメインの数などの情報を取得することになります。